Runner in the High

技術のことをかくこころみ

Golang

GCSのReader実装を拡張してio.Seekerを実装する

という実装のコード片をGithubのissueコメントから拾ったので自分で完成版を作ってみた。 内部的にNewRangeReaderを何度も呼び出しているのでストレージに対するReadの量は増える可能性があるのでそれだけ注意したい。 もしもシーク位置が比較的局所的な仕様…

Goでm4a/mp4のraw aacなデータをデコードする

github.com fdk-aacとそのgoバインディングのgo-fdkaac*1を使ってやってみたので、試行錯誤過程のメモ。 ffmpegみたいなツールを用いた変換方法はネット上にゴロゴロしているのに、スタンドアロンなライブラリを使ってデコードをするとなると情報がめちゃく…

Golangのあの動的にDIするやつ

名称が分からないが、実際の例で言うとcloudspannerecosystem/yoにあるこういうやつ。 // YOLog provides the log func used by generated queries. var YOLog = func(context.Context, string, ...interface{}) {} これだけ見ると何のために定義されている…

redigoを使ったPubSubアダプタの実装

自分が開発しているgo-cleanarchitectureの中でドメインイベントのPublisher実装としてredigoを使ったPubSubアダプタの実装を用意したが、思ったよりもredigoを使ったRedisのPubSub周りに関連する実装があまりネットに転がっていなかった。 domainsパッケー…

database/sqlとdatabase/sql/driverの関係性に学ぶインターフェイス設計

golangのdatabase/sqlには設計に関するドキュメントが用意されており、これが興味深い。 ドキュメント自体は非常に短い。以下のリンクでサクッと読める。 golang.org 中でも個人的に印象的なのは以下の説明で、ここからgolangにおけるdatabase/sqlの設計思想…

makeのlengthとcapacityについて、それからbytes.Bufferのアロケーション処理速度について

izumisy.work 上記の記事をstackoverflowで質問したら回答がついた。 stackoverflow.com 結論から言うと自分はmakeの使い方を間違えていて、makeの第3引数にあたるcapacityを省略してスライスを作成するとそこには空データが埋まってしまうとのこと。 なので…

リテラル値でmakeしたらヒープに乗らなくてアロケーションの回数は少なくなるんじゃないか?という実験

goコンパイラの最適化によって、可変長配列であってもリテラル値でlength指定されていればコンパイルする時点で確保するデータサイズが決定し結果的にランタイム時にアロケーションを発生させなくなるのではないかという仮説。 テストコード package app imp…

io.Readerで先頭Nバイトを読み捨てる

package main import ( "io" "io/ioutil" "strings" "os" ) func main() { a := strings.NewReader("123456789") r := io.LimitReader(a, 5) t := io.TeeReader(r, ioutil.Discard) io.ReadAll(t) io.Copy(os.Stdout, a) // 6789 }

ioutil.Discardとio.CopyNでメモリアロケーションせずデータサイズを判定する

ioutil パッケージに Discard という /dev/null 的な io.Writer が用意されている。 最近これを使うタイミングがあったのでメモ。以下のようなコードがあるとする。 package main import ( "fmt" "io" "io/ioutil" "strings" ) func main() { a := strings.N…

net/mailパッケージだけでもメールアドレスのバリデーションはできる

stackoverflow.com こんな感じで使える。 package main import ( "fmt" "net/mail" ) func main() { addr, err := mail.ParseAddress("izumisy.test@example.com") if err != nil { panic(err) } fmt.Println(addr.Address) // izumisy.test@example.com } …

deferで参照している変数のポインタを更新しても参照は変わらないっぽい

こういうやつ type Closer struct{ Value string } func (c *Closer) Close(id string) { fmt.Printf("Closed(%s): %p\n", id, c) } func newCloser(c *Closer) { n := &Closer{Value: "aaa"} fmt.Printf("New: %p\n", n) c = n } func main() { c := &Close…

GoのAccept Interfaceはなにが嬉しいのか

たまーに考えることがあったが、せっかくなのでアウトプットしておく。 まず前提としてGo以外のインターフェイスを持つ言語、例えばJavaではインターフェイスを満たしていることを明示するためにimplementsキーワードなどで実装を明示してやる必要がある。つ…

GolangでUnmarshallerインターフェースを実装した構造体をフィールドの型として使うと便利

例えばこんな構造体が定義されているとして type User struct { Name string `json:"name"` Status int `json:"status"` } この構造体をJSONからUnmarshalしてマッピングする際に、以下のような要件があるとする statusの取りうる範囲は1,2だけ、かつそれぞ…

Golangではinterfaceはどのパッケージに属するのか

Golangを使い始めてinterfaceでDIPっぽいことをしようとするとたしかに湧きがちな疑問のひとつ。結論から言うと、interfaceはそれを使う側のパッケージに所属させるのがセオリーらしい。なるほど。 Go interfaces generally belong in the package that uses…